主人への気持ちの変化

結婚してから共働きでしたが、家事全般(料理、片づけ、洗濯、掃除など)は私の仕事で、私が仕事などで忙しくても主人はほとんど手伝ってくれませんでした。でも私の父と母も同じような状態だったので、それが当たり前のように思っていましたし、忙しい彼の役に立っている気がして張り合いもありました。ただ、仕事などでとても忙しくて疲れた時にはちょっと不満に思うこともありました。

そんな中、私はちょっとした事故にあってしまい、私の体はすっかり弱くなってしまいました。以前ほど動くことが出来なくなって歯がゆい思いをしていますが、そんな私を主人はしっかりサポートしてくれて、病院に付き添ってくれたり、家事もすすんで手伝ってくれるようになりました。

主人に申し訳ないという気持ちと同時に、私のことを気遣ってしっかりサポートしてくれるのは、とても嬉しく思っています。早く回復して家事をきちんとこなして、主人の役に立ちたいと思うようになりました。人の心は状況によって変わるものだなと思っています。

事故にあってしまったのは不幸な出来事ですが、それによって主人の愛情を再確認することが出来ましたし、主人と結婚出来て、本当に良かったと思うようになりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック