エンゲージリング選びの憧れ

結婚が決まって、結婚に向けての準備の中で、楽しかった事のひとつが、エンゲージ選びでした。

もう何年も前の話になりますが、結婚雑誌やネットを参考にしながら、いろいろなお店に主人と見に行きました。自分でデザインを決めて、自分で作成するというお店もあって、新鮮な感覚も覚えましたが、自分のセンスにあまり自信がなく、最終的には、一般的なお店で購入する形になりましたが、いろんなお店に見に行く事は、とても、楽しかった思い出です。

エンゲージリングのデザインは、一般的な小さなダイヤモンドが、一つ付いたものでしたが、後にも先にも、ダイヤモンドがついた指輪は、この一点だけなので、とても大切な宝物になっています。

いろいろなエンゲージリングを見て廻りましたが、私は、ごくごく普通のシンプルなものが好きなんだなとぼんやり考えていました。価格的にも、決して高いものではなかったですが、エンゲージリングという響きにとても幸せを感じていたように思います。しかし最終的にどれにしたらいいのか迷ってしまいました。婚約指輪大百科で自分の迷っているポイントがわかり決めることができました。

実際、購入してからは、なぜかもったいなくて、あまりつけた記憶がありません。当初は、嬉しくて、ケースから出して、眺めたり、少し付けてみたり、また大切にしまってみたり。それが嬉しく、楽しかったなぁという記憶がしみじみとよみがえってきました。いい風に言えば、大切に保管しているという感じになりますが、現在は引き出しの中に、静かに眠っている感じですね。

この記事を書きながら、何年も引き出しの奥にしまってある、エンゲージリングの存在を思い出して、つけなくてはという思いがでてきました。購入した当初は、付けることはとてももったいなくて、このような気持ちになれなかったですが、今はせっかくのダイヤモンドのエンゲージリング、付けなくてはもったいないという気持ちが沸々とでてきました。普段の生活ではなかなか付ける事はできないですが、ちょっとしたお出かけ、小旅行などに、ワンポイントのお洒落として、これからたくさん付けて、一緒にお出掛けしていきたいと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント